【留学先の国の選び方】私の決め方はこうだった!

こんにちは!ララビーです。
皆さん、留学に興味はありますか?

留学してみたいけど、どの国にしたら良いのか分からないなぁ。

最終的にオーストラリアに決めたのですが、私も留学先を選ぶ時はめちゃくちゃ悩みました。
大事な留学生活を後悔無く過ごしたいですもんね。

そこで今回は、留学先の国の選び方と私がなぜオーストラリアにしたのかについてお話をしていこうと思います。
少しでも国選びの参考になれば嬉しいです。


まず何を目的に留学するかを考えよう

留学の目的

まずは目的ですね。これは留学先を決める時に一般的に一番重要になるポイントだと思います。

留学の目的は人によっていろいろあると思います。

  • 語学を上達させたい
  • 海外に住んでみたい
  • 就職や今後の進路に役立てたい
  • 海外の大学に進学したい
  • 自分探しのため
  • 息抜きしたい

などなど。
目的は人それぞれなので、私はなんだって良いと思います。

まずはそれを明確にするのが一番大事だし、国を決める手助けにもなりますよ。

「海外に住んでみたい」や「息抜きがしたい」のと言う人は、環境選びはとても大事になると思います。
自然が多い場所がよいのか都会の地域が良いのか、または暖かい国が好きか寒い国が良いか。とかね。

大学や語学を一番重要視したいのならどの大学が自分の学びたい事をしっかり学べそうか、語学なら「アメリカ英語」「イギリス英語」など気にする方もいると思います。

人それぞれの目的があって、人それぞれの留学先の決め方があるんじゃないでしょうか。

留学先を選ぶときに私が重要視した事

では、国を選ぶときに私がどのような部分を比較していったかについてお話していきますね。

留学先の選び方① 【気候は意外と重要】

留学の選び方 気候 オーストラリア

たかが気候?

そう思うかもしれませんが、いろいろな国を比較して私の中で最終的に気候が決め手となりました。

いや、気候って結構大事なんですよ。カナダも良いなーとは思っていましたが、私寒いの好きじゃないので寒い毎日は耐えられん・・・そう思って見送りました。寒い方が好きって人には良いかもしれませんね。

とか言いつつ、私が現在住んでいるメルボルンは結構寒いんですけどね(笑)
(※実際に昔留学した時は、オーストラリアの別の地域を選んでいます)

なんだかんだ寒いと言いつつ、今では割と愛着もあります(笑)

あわせて読みたい
メルボルンの気温は寒い!?旅行前には絶対知りたい天気の話 ここメルボルンの冬は寒いんです。 気温や天気がコロコロ変わるメルボルンは一日の中に四季があると言われています 寒がりの人でもしっかり防寒に努めれば良いところです。なんて言ったって、メルボルンは街並みもおしゃれで、最も住みやすい街ランキングNO1に4年連続で選ばれているところですから!

あとは、趣味や挑戦してみたい事がスキューバダイビング、サーフィン、スキーなど、気候に左右されるようなものだったらそれが身近にできる国を選ぶというのも良いですよね。

あなたは寒い場所、暖かい場所、どんな場所に住んでみたいですか?

留学先の選び方② 【田舎か都会かの環境で比較】

オーストラリア 田舎 都会

これも国を比較するときにかなり参考になります!

「とにかく都会に住みたい」であれば、アメリカのニューヨーク、とかね。

海の近い静かな田舎が良い!とかオシャレなカフェのある都会の街が良い!
など、人それぞれ興味のあるものは違いますよね。

私は日本では割と都会の生活だったので、自然の多いところに行ってみたいというのは思っていました。ただ、英語が全く話せなかったので田舎すぎでも怖いなぁ・・・と思い、田舎すぎないけど自然も近い静かな場所を選びました。

あとは出来るだけ日本人少なめが良いなぁというのもあり、私はオーストラリアの中でもシドニーやメルボルンなどの都市はやめました。

ただ、栄えている街には異文化交流会みたいなものが多く開催されているので、そっちの方が簡単に現地の人と簡単に知り合える機会が持てるかもしれません。

あなたは田舎と都会、どちらが好みですか?

留学先の選び方③ 【治安・人柄を考える】

オーストラリア人はフレンドリー 治安が良い

個人的には治安や人柄は超重要していたわけでは無かったのですが、オーストラリアはフレンドリーな国というのを聞いてその国に興味を持つ良いきっかけになりました。

私の場合、初めての留学の時はいろいろ分からないことが多く、一度留学説明会に参加したことがあったのですが、その時にで聞いたのが
オーストラリアは治安も良く、フレンドリーな人が多い」というものでした。

初めての留学する私にとっては、治安も危ないよりは安全な場所の方が良いし、周りも親切な方が良いなと思ったためオーストラリアへの興味が湧くようになりました。
逆に「イギリス人は冷たい人が多い」という話から、イギリスへの興味も薄れていってしまいました。

実際に私はイギリスに留学していたわけでは無いのでその国の実態はわかりません。本当はすごくフレンドリーな人が多い国なのかもしれませんが、その説明会ではそのような話があっただけです。

とは言うものの、私が知っているイギリス人はとても話やすく良い人ですよ。

たぶん、オーストラリアは知らない人でも話しかけたり世間話に発展することが良くあるけど、イギリスはそうじゃないという事かもしれません。そう思うと、日本と同じような環境なのである意味私達にとっては馴染やすいかもしれませんね。

そのイギリス人には「日本人とイギリス人は文化や性格が似ている」と言っていました。
イギリス人も日本の様に目上の人に敬意を示したりするそうです。また静かに話す感じなども、確かに日本人と似ているなと思い、親しみやすさを感じています。

あなたはどんな環境が良いですか?

留学先の選び方④ 【ビザ・金銭面で決める】

ビザと金銭面 オーストラリア 留学

いくらその国が自分の目的や環境に合った場所だとしても、ビザのルールやお金の面で遮られてしまうこともあります。

留学を思い立って、私が一番初めに考えた場所はアメリカでした。
でも、アメリカにはワーキングホリデービザが無いんです。なので、行くとしたら学生ビザで行くしかありません。

しかし、アメリカの規則で学生ビザで働くことは禁じられています。
ということは、お金を貯めてから留学するしかないということ。

ということで、アメリカはお金がかかりすぎるため、で私の選択肢の中から消えました。

ちなみにカナダ、オーストラリア、ニュージーランド、イギリスは学生ビザでも20時間以内の就労は許可されています。

ワーキングホリデーの場合、何時間でも働くことは可能ですが6か月以内しか働けないなどの決まりもあります。
また、学校は3~4ヶ月以内など、長期で通うことは禁止されています。

何のビザで行くか、金銭面はどうか、もしっかり調べておいた方が良いでしょう。

もう少しオーストラリアのビザや国の特徴などについて詳しく知りたい方はこちらの投稿を読んでみてください⇩

あわせて読みたい
オーストラリアの留学の特徴と私の経験【学生VSワーホリ】 今回はオーストラリアの学生ビザとワーホリビザの比較をしつつ、私が実際に使った費用、またオーストラリアの環境などについて体験談を元にお話していきます。

とにかく安く英語の学校に通いたいなどであればフィリピンがダントツ。物価とても安いですよ。

あなたはが決めた国のビザの規則や金銭面は大丈夫ですか?

私がオーストラリアに決めた経緯

私が昔オーストラリアに決めた時は、こんな流れで一つの国に絞っていきました。
ちなみにはじめの留学での私の中で選択肢は「アメリカ」「オーストラリア」「カナダ」「ニュージーランド」「イギリス」でした

「英語を話せるようになりたい」「海外に住む経験をしたい」

「語学学校に長期で通いたい」

「学生ビザに決定」

アメリカ(お金かかる)」「海外で仕事もしてみたい」

「カナダ・オーストラリア・イギリス・ニュージーランド・イギリス」

イギリス(親しみにくい)」「カナダ(寒い)」

「自然が多い場所が良い」「ある程度便利さも欲しい」

「オーストラリア」「ニュージーランド」でかなり悩む

「オーストラリアの方が暖かい」
「オーストラリアの動物・海の近くで生活なんて良いかも」

「オーストラリアに決定!」

こんな感じでした。
そして、私はオーストラリアで最高の思い出が作れたので行って良かったなぁって思います。
今でも「あの時は楽しかったなぁ~」っと、思い返すたび懐かしくなります。

ちなみに英語の訛りですが、できればアメリカ英語が良いなぁというのはありましたが、留学前の私の英語レベルはかなり低かったので、アメリカもイギリスも良く分からないし…と思ってあまり気にしませんでした。
それよりも「海外での生活を経験する」という目的もあったので「自分がより楽しく過ごせそうな場所はどこか」という事に重きを置いて考えていました。

でも、自分が言うのもなんですが、できるだけ英語は勉強してから行った方がより学べることや経験できることが多くなるので良いと思います。

今はいろんな手段で安く英語を学ぶことが出来ますしね。

ちなみに私が以前利用していたのは『レアジョブ』と『スタディサプリ』というオンラインサービス。また、和書の英語版で英語を勉強しました。
気になる人はその記事もチェックしてみてね。

あわせて読みたい
スカイプで英会話!あの有名オンラインサービス『レアジョブ』の体験談 『レアジョブ』はスカイプを使った人気のオンライン英会話サービスなんです。これからスカイプ英会話をやってみたい!と思っている人の少しでも役に立てたら嬉しいです。
あわせて読みたい
英語の文法を勉強するならこれ!激安で神授業が見放題のスタディサプリが最強だった 皆さん英語の文法ってどうやって勉強していますか?一通り英語の復習をしたいと思っている方にはスタディサプリはすすめです。今は本だけでなく、オンラインを使って英語の学習もできて便利だし、とっても安いですよね。いろんな方法を試してみてぜひ自分にあった勉強方法を見つけてみてください。
あわせて読みたい
【英語初心者の洋書入門】東野圭吾で学んだ私のおすすめ読み比べ法 英語の勉強を始めたころ、私は日本語版と英語版の洋書を何冊か読み比べて学んだ際、最後まで楽しく読むことが出来たので、今回は日本語版と英語版で比較するメリットについて紹介したいと思います。 今回は東野圭吾さんの本を何冊か紹介させていただきます。 皆さんの英語学習がより楽しくなりますように♪

まとめ

どの国も良いところがあるので国選びって難しいですよね。

まずはとにかく自分が何をしたいかを考えて行動に移すのみですよ。
自分が成長するために、些細なことでもどんな要素があれば良いかを考えて良い国選びにしてくださいね。

それでは、皆さんが充実した留学生活に幸あれ!

さよなラビー🦘

あわせて読みたい
留学性の悩み、日本に帰国することになっても落ち込まないで!帰国は失敗じゃない4つの理由 今このコロナウィルスの影響で、自分の人生プランが大きく変わってしまっている人もたくさんいるんではないでしょうか? 帰国することになって留学が失敗したと落ち込んでいる人もいると思います。 しかし、思い通りの留学生活が送れなかったとしても、失敗だなんて思わないでください。


ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします⇩

こちらも応援お願いします⇩

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメントはここから⇩

コメントする

閉じる