海外在住の私の超おすすめ!一番安い航空券比較方法【国内・海外】

僕は一番安い空の旅の方法知ってるよ。
自分で飛んでいけば良いのさ♪

僕らは飛べないんだよ・・・。

どうもこんにちは、ララビーです。

航空券を扱っているサイトってたくさんあって、結局どこが一番安いのか分からない・・・。

っていうこと無いですか?

今回は私がいつも航空券を買うのに使用している比較サイトを紹介したいと思います。

この方法が手っ取り早いし簡単に比較できるのでほんとにおすすめです。

私はこれ以外の方法では買いません。

おそらく、旅行に何度か行ったことある人だったらこの方法で旅券を買っている人の方が多いと思いますよ。

この投稿はこんな人におすすめ⇩
「できるだけ安い方法で航空券をゲットしたい」
「いろんな旅券を扱っているサイトがあって、結局どこにすれば良いのか分からない」
「おすすめの方法が知りたい」


スカイスキャナーという最強のおすすめ航空券比較サイト

さっそくですが、皆さん
スカイスキャナー
というサイトって聞いたことありますか?

スカイスキャナーは月間9,000万人もの利用者がある世界中でとっても評価の高いサイトです。

国内・国外どちらの飛行機を買うとしてもかなりおすすめです!

約1,200の航空会社や旅行会社の中から瞬時に中から航空運賃を比較検索できるので、いちいちいろんな会社を見て回るよりも早いし正確ですよ。

実際に航空券を検索比較してみる⇩



私がやっている一番安いスカイスキャナーのおすすめ航空券比較方法

では、実際にスカイスキャナーの使い方の説明がてら、私が実際にチケットを買う時を想定して紹介していきますね。

画像:https://www.skyscanner.jp/flights

まず、サイトに飛ぶと最初のページはこのようになっています。


【ポイント① 基本的に往復チケットを買おう】

基本的に『往復』を選択するのがおすすめ!

片道ごとに買うとその分無駄な料金を支払うことになってしまい、割高になってしまいますよ。

私が片道を買う場合は『周遊旅行』をする時くらいですかね。
出発地点と到着地点が違うと往復で買うことができないからです。

ちなみに、周遊旅行をする時は⇩の画像のように『複数都市』を選択して一気にチケットを買うことができるのでおすすめです。

画像:https://www.skyscanner.jp/


【ポイント② 空港名はざっくりでも良い】

これは時と場合によります。
基本的には出発地点・到着地点が分かっている場合は、その地域の名前を入れれてください。

しかし、例えば『羽田』と『成田』、安い方ならどっちでも良い。
という時は『東京』とざっくりした名前を入れておけばどちらも検索できます。

『日本』のように、かなりざっくりな感じでも調べられますよ。


【ポイント③ フレキシブルな航空券について】

フレキシブルな航空券のみ』は何かというと、一度航空券を購入してしまった後でも変更できる航空券のことです。(※変更手数料料はその会社によって違います。

格安航空券を買うと、一度買ってしまった後は変更不可の場合もしばしばあります。

確実にその日に行くという時は良いのですが、特に今のコロナウィルスの時期なので何があるかわかりません。
そんな時に、どれが変更可能なチケットなのか一発でわかるのはとても便利ですよ。

私は、期間がはっきり決まっている場合は、とにかく安いチケットを買いたいので『フレキシブルな航空券のみ』にはチェックを入れません。

しかし、長期で帰国したい場合や、変更する可能性があるかもしれない場合には変更できるチケットの中で格安なチケットのを買いたいのでチェックを入れます。


【ポイント④ 一番安い期間で買う(超重要)】

ここが一番安いチケットを選ぶ方法としては最重要ポイントです!

期間がはっきり決まっている場合にこの方法は使えないのですが、期間が決まっていない場合にはとてもおすすめ!!

画像:https://www.skyscanner.jp/flights

まず順番通りに
①出発日をクリック
②月全体をクリック
そうすると、『最安値の月』と書いてある表が出てきます。(黄色い枠で囲ってある部分)

そこで好きな月を押してみてください。
また、『到着地出発日』も同様に選択します。

画像:Skyscanner

ここでは試しに1月に往復で買えるチケットについて調べてみました。
必要事項を記入した後に『検索』をクリックすると

画像:Skyscanner

このような画面が出てくるので、一番安い日にち③と④の日を往復でそれぞれ選んでみました。(※ここから先は、検索する日によって値段も違うので、ご自分の好きな日を選んでください。)

黄色く囲ってある部分は実際に検索をかけてみないと値段が分からないので、時間がある人はいろいろ試しに見てみるのも良いかもしれません。

ちなみに現在はコロナの影響もあり、オーストラリアと日本の行き来する飛行機は普段通りの本数が飛んでいません・・・。
なので航空券がかなり高い!!(涙)

1月24日なんて片道で24万以上もしています・・・・・恐ろしい。
間違った日を選んでしまうととんでもないことになりますね・・・(苦笑)

なので特にこの時期はこの機能を使うと便利かもしれませんね。

さて、話を戻して、次に行きましょう。
緑のボタン『便を表示』をクリックします。

画像:Skyscanner

こんな感じの画面が出てきましたね。
黄色で囲ってある『最適プラン』を選択すると、基本的には飛行機に乗っている時間が短く、乗換も少ないものを優先的に選んでくれます。

値段重視であれば、右隣の『最安プラン』をクリックすれば、時間はかかりますが相当安い値段のチケットを買うことができます。

私はこまま『最適プラン』の中で一番安いチケットにすると仮定して、⑤の『詳細』をクリック。

画像:Skyscanner
画像:Skyscanner

すると、このような画面が出てくるので一番下の画面までスクロール・・・

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-41-1024x481.png
画像:Skyscanner

一番下の画面に来ました。

そうすると、先ほど一番安いと出ていたのが『Mytrip』という会社だということがわかりました。
次に安いのが『Gotogate』ですね。
私は特にレビューなどが問題なさそうであれば一番安いサイトで買うことが多いです。

ただ最初の2つは、『日本語の問い合わせ窓口なし』と書いてあるため、不安であれば『じゃらんnet』や『trip.com(トリップドットコム)』にするのも良いと思います!

この二つは日本語対応だし、皆さんも聞いたことがあるサイトだと思うので信頼できると思います。
私はじゃらんはチケットではないですが、宿泊の時のホテルを予約する時につかったことがあります。




最安値ならいつでも格安航空会社(LCC)を選ぶべき?

ここでは私がおすすめする、格安航空会社(LCC)を買った方が良い場合と買わない方が良い場合についてお話します。


【そもそも(格安航空会社)LCCって何?】

ここではさらっとLCCについて説明しておきますね。

『格安』と書いてある通りなのでANAやJALなどの航空会社より安い価格帯になっています。

だからと言って整備を怠ったりするなど、危険な航空会社というわけではないのでご安心を。
そもそも事故なんかが起こったら、その航空会社自体を危機にさらすようなもんじゃないですか。
それに、そんな危ない飛行機ならパイロットやフライトアテンダントだって辞めていきますよね(笑)
なので安全面にはどの会社も十分気を付けているはずです。

では、何が安いのか?
これにはたくさんの理由があります。簡単にいうと

  • 駐機料を抑えるために、早朝・深夜も運行
  • 座席数を増やして、なるべく一度に多くの人を運ぶ
  • 機内の無料サービスは基本ついていない
  • 機内の設備もシンプル
  • 窓口を無くしてネットで予約
  • 飛行機の種類を統一し、パイロットの教育にかけるコストを削減

こんな感じです。

例えるなら
『回転率を高くしてより安くを狙うファストフード店』
『ホテルをシンプルにかつ無料サービスを無くすことで安く宿泊できるビジネスホテル』
『窓口は無くネット注文のみの格安SIM会社』
などと同じような感じです。


【格安航空会社(LCC)がおすすめの時とそうでない時】

これは人によって好みが違うと思うので、『いつでもとにかく安いLCCを選びたい』or『いつでもサービスの整った航空会社を選びたい』という方は気にしなくて大丈夫です。

私がLCCをお勧めする時は、国内やアジア圏などの近場

なぜなら近場なら基本的に機内食がなかろうと、機内の座席モニターやエンタメ機能がなかろうと、寝てれば着きます。

しかし、オーストラリアやアメリカなどの遠出の場合はまた別です。

LCCだと乗換が多いこともしばしば。
そのため本来なら例えば直行便で10時間でつく距離も、倍の時間になることだってあります。
そして乗換って本当に面倒だし時間の無駄。

長い旅だからこそ機内のも座席モニターで映画を見たり音楽を聴いたりして少しでも楽しく過ごしたいのにそれがなかったら苦痛そのもの。

ごはんだってついていないのでお腹もすいちゃいますよ。

あらかじめLCCの有料オプションを付けることも可能ですが、
『機内食』『機内のエンタメ機能』『飛行機の預けに荷物』など、
これらすべてのオプションを後から追加すると、結局値段が変わらなかったり、逆に高くつくことだってあります。

以上の事から私は

遠出の時はLCCは使わない方が良い

と思います。

しかし、最初にも言いましたが、考えは人それぞれ。
特に学生など若い時はお金は無いけどエネルギーはあるので、とにかく安さを重視して他は我慢!というのも良いと思いますよ。
私も若い時はとにかく安いほうが良いと思った時もありました(笑)
それに、友達と話していたらフライト時間だってあっという間に過ぎるかもしれませんしね!




聞いたことのないサイトで航空券を買うのは不安という方のために

私は基本的にあまり心配しないでスカイスキャナーが選んだ一番安いサイトで予約しちゃいますが、
「あんまり聞いたことのないサイトは不安・・・。」
「できるだけ安心できるサイトを使いたい」
という方のために、私が使ったことのあるサイトについて紹介しておきますね。

そして「結局どれが良いのか分からないー!」
という方のためにも、国内・海外1つずつに絞ってみました。


【国内 さくらトラベル】

国内旅行をしたときに、スカイスキャナーの料金比較をしたときに『さくらトラベル』が最安値で出てきたので何度か使用したことがあります。

『さくらトラベル』は良く最安値で出てくるイメージなので、スカイスキャナーで調べるのが面倒くさいかたはここから直接買ってしまうのも良いかもしれません。

国内航空会社は全て取り扱っていますし、もちろん24時間365日いつでも予約することができますよ。

こちらから検索予約できます⇩




【海外 skyticket.jp】

『skyticket.jp』は世界643路線・123社の航空会社の海外格安航空券を取り扱っている国内最大級の海外格安航空券予約販売のサイトになります。

私は一時帰国の際などに何度か『skyticket.jp』を利用したことがあります。
さくらトラベルと同様、海外の場合はこのサイトが頻繁に最安値で出てくることが多い印象です。
(※先ほどの検索結果には出てきませんでしたが、たまたまか、もしくはコロナの影響かもしれません)

安いし、私も問題なく使えたので信頼できますよ!

ちなみに、『skyticket.jp』は海外のみならず、国内の飛行機も取り扱っているので、国内・海外どちらも一つのサイトに絞りたいかたはこちらがおすすめ。

海外用⇩


国内用⇩



まとめ

いかがでしたか?
少しでも格安航空チケット買うための参考になっていれば嬉しいです。

私のおすすめの最安値の買い方をまとめると

  • チケットは往復で買うこと
  • 期間が決定していればフレキシブルなチケットでなくても良い
  • LCCは短距離の時、そうでなければLCC以外の中で最安値を買う

こんな感じです。

また選べない方は、『さくらトラベル』や『skyticket.jp』だったら私が身をもって体験しているので安心して使えると思います。

それでもまだよくわからない方は、私に直接相談してくれたらなるべく力になれるように努力するので気軽に聞いてください!

それでは!

問い合わせはこちら⇩

ニックネームでも大丈夫です!
ご相談、質問、依頼、など気軽に何でもお問い合わせください!


合わせて読みたい⇩


ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします⇩

こちらも応援お願いします⇩

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメントはここから⇩

コメントする

閉じる