現在のビクトリア州の制限措置とは?町の様子は?メルボルンの最新コロナ情報パート9

メルボルンは良い感じに感染を封じ込めることができていますよー!

こんにちは、ララビーです。

さて、更新が少し遅くなってしまいましたね。
ここ、メルボルンがあるビクトリア州では、12月6日に再びコロナによる制限措置が緩和されました!

メルボルンは前回からも変わらずコロナ感染者を出さずに頑張っていますよー!

過去の記事についてはこちら⇩

それでは早速、現在の制限措置についての説明と、現状についてお話していきたいと思います。


現在の制限措置について

12月6日の23:59より、さらにコロナのための制限措置が緩和されました!

現在はCOVID Safe Summerという段階にます。
ビクトリア州政府が発表したプラン(英語)を見たい方はhttps://www.coronavirus.vic.gov.au/coronavirus-covidsafe-summerで見ることができますよ。

大体の現在の制限措置について以下の通りになります。

<マスクの着用>

  • 基本的に外出時はマスクを携帯しなければいけない
  • 公共交通機関、タクシー、またはショッピングセンター、スーパーマーケット、デパートなどの大規模小売店に行く場合に着用
  • 野外でも1.5メートルの距離を保つことができない場合は着用

これは前回に引き継ぎ気という感じですね。

<訪問者・集会>

  • 自宅に15人30人/日まで訪問可能
  • 公共の場(屋外)では50人100人/日まで集会可能

<レストラン・コミュニティ施設

レストラン、カフェ、パブ、また図書館や公民館などのコミュニティ施設は、2平方メートルに1人までで、QRコードの記録保存ができない時は4平方メートルに1人まで。

<儀式>

結婚式、葬式、宗教的な集まりは、150人無制限

この時も2平方メートルに1人までで、QRコードの記録保存ができない時は4平方メートルに1人まで。

<運動>

運動は4平方メートルに1人まで。

  • ジムやエクササイズクラスなどの屋内は、20人50人まで
  • 屋外でのスポーツクラスは、50人100人まで

<仕事>

最大25%の労働者が職場に出勤→1月11日より最大50%


町や人々の様子について

それでは、メルボルンの実際の町の様子や人々の様子について私が感じたことをお話します。

外を歩く時はマスク着用しなくても大丈夫なようになっていますが、必要時には着用しないといけません。
そのためか、今でも外でもつけている人がちらほらいます。

また、電車やバスに乗る際は、私が見る限り全員がマスクを着用している様子でした。

ただ、お店などではつけない人も見受けられましたし、店側もあまり厳しく規制せず緩くなっている感じはあるかなとは思います。

でも全体的には、この細かくたくさんのルールがあるなか、メルボルンの町の人はきちんと守っている人が多い印象です!


まとめ

メルボルンは感染者がゼロになった今でも細かい制限措置が定められていますね。

日本は第三波も始まっているようですね。
これからもみんなで感染予防に気を付けて、いつか日本→オーストラリアへの留学や旅行、またはオーストラリア→日本への一時帰国、などが自由にできるようになることを願っています!

時系列で読んでみる⇩

  1. 海外のコロナ状況は?海外旅行は行ける?メルボルンの現状を報告します!
  2. ステージ4!オーストラリア、メルボルンのコロナウィルス8月2日最新情報!
  3. 【8月5日更新コロナ状況】メルボルン制限措置ステージ4による仕事への影響は?規則を守らなかった場合の罰金とは?
  4. 制限措置の緩和?メルボルンの最新コロナ情報パート4!
  5. 制限措置緩和ステップ2!メルボルンの最新コロナ情報パート5
  6. 10月27日23:59からステップ3!メルボルンの最新コロナ情報パート6
  7. 【11月9日更新】今日から移動距離制限なし!メルボルンの最新コロナ情報パート7
  8. 規制緩和の最終段階で今夜からマスク無し!メルボルンの最新コロナ情報パート8
  9. 現在のビクトリア州の制限措置とは?町の様子は?メルボルンの最新コロナ情報パート9
  10. ビクトリア州の制限措置強化!メルボルン最新コロナ情報パート10

ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします⇩

こちらも応援お願いします⇩

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメントはここから⇩

コメントする

閉じる