オーストラリアの文化・言語 ~英語に無い日本語の挨拶~

こんにちは。
子供の時に、『こんにちは』、『おはようございます』など、いろいろな挨拶をならいましたよね。

英語圏に住んでいて思うのが、日本語にはたくさんの挨拶の言葉があるなぁということ。そして、それが表現できなくてもどかしい!と思ったことも多々あるので、今回は英語には無い挨拶表現について書いていきます。




『いただきます』と『ごちそうさまでした』

食べる前後に日本人は当たり前のように『いただきます』や『ごちそうさまでした』を言います。英語圏ではこれが無いので、初め食べるタイミングにとまどいました。

ごはんが来て、気づいたらもうそれぞれが食べ始めている・・・あ、もう食べていいのか。という感じ(笑)

そもそも『いただきます』や『ごちそうさま』とは何なのか?

『いただく』は「もらう」や「食べる」の謙譲語として使われています。神仏へお供えしたものや、身分の高い人からものを受け取るとき頭の上(頂・いただき)に掲げる動作に由来します。

食事ができるのは、お米や野菜を作ってくれた人、動物を飼育してくれた人、料理をしてくれた人など、多くの人のおかげです。
また、肉も野菜も、「命」で、私たちは、他の生き物の命をいただいて生きているのです。

その全てに対し感謝の気持ちを込めて『いただきます』というようになったのです。

『ごちそうさま』も同じく感謝の表現です。
漢字で書くと「御馳走様」です。「馳」と「走」は、どちらも「走る」という意味があり、「馳走」と2つの字を重ねることで食事を出すために食に関わる人が走り回る様子を表しています。

昔は食事を用意するために、馬を走らせ食材を集めたこと、さらに人々が走り回って食事を用意することから、この馳走という言葉が用いられ、丁寧語の御と様がついて『御馳走様』になりました。

今でも、食事をするために食材を育て収穫する人、運搬する人、販売する人、調理盛り付けする人など、たくさんの人が携わっています。

そんな人々の働きに感謝を表すため「様」をつけて、『ごちそうさま』というようになったのです。


『行ってきます』と『ただいま』

日本人は出かける前後に『いてきます』や『ただいま』を言います。
こういう挨拶も英語圏では聞いたことないです。
直訳すると「I’m leaving」や「I’m home」という感じですが、実際には使っていません。

実際に出かける前に言うのは「See you later」や「See you soon」などです。

これはまぁ、わざわざ特別な言葉を使わなくても違和感は無いのかな?っていう感じもしますが、『おかえりなさい』は個人的には欲しい!

『おかえりなさい』の代わりに使っているのが普通に「Hello」なんですが、なんか違和感ありません?
なんか、今日初めて会ったみたいな感じがして、なんか違和感あるなーって思います。・・・まぁもう慣れましたが。


『行ってらっしゃい』と『おかえりなさい』

『行ってきます』や『ただいま』が無いのなら、『行ってらっしゃい』『おかえりなさい』も無いのも想像がつくと思います。

じゃあ現地の人はなんて言っているのか?

これも先ほどと同じようにシンプルに「See you later」や「Hello」が一般的に使われています。


『お邪魔します』と『お邪魔しました』

これもまた家関係ですが、『お邪魔します』と『お邪魔しました』が無いのは意外と不便。

人の家に入るときの特別な挨拶は無く、「Hello」とあいさつして、1人ずつハグなり握手なりを交わして家に入っていく、という流れです。

変える時も同じように「See you later」などが一般的でハグや握手をして帰っていく感じです。


『お願いします』

『お願いします』はいろいろな意味がありますよね。物を頼むときの『お願いします』なら「please」を使い、初めて会った人に対する『よろしくお願いします』なら「Nice to meet you」と略せますよね。

ですが、例えば誰かが車でどこかに連れて行ってくれる時などに、車に乗り込んだ際の『お願いします』はどうでしょう?

一言ではこの言葉は英語で表せないんですよね・・・もどかしい!

英語で表すなら、その時々の状況で表現も違いますが「Thank you for the lift(乗せてくれてありがとう)」など、感謝の気持ちを表現します。

しかし、基本的に感謝を伝えるのは、何かしてもらった後なので、これと言って日本語の『お願いします』のような、誰かに何かしてもらう前に相手に敬意を示す表現とはどこか違う気がします。

ちなみに「よろしく」の方ですが「お母さんによろしく言っといて」などと使ったりしますよね。英語でも同じような表現をしますが、これもお決まりの「Hello」を使います。「Please say hello to your mom」のような感じです。


『お先に失礼します』

『お先に失礼します』も英語では何て言うか分からないんですよねぇ。

自分が先に仕事あがるときや、ランチを一緒にしていて先に仕事に戻るときに便利な挨拶ですね。

先に仕事をあがるときは「See you tomorrow」で良いかもしれませんが、先にランチ終わって仕事戻るときは?

基本的にはその時に言う言葉は無いようです。しいて言うなら「Alright, (I’m going)back to work(仕事にもどります)」とか。

とりあえず何か言わないと気が済まないですよね(笑)


『お疲れ様です』

これも超~便利!『お疲れ様です』はもはや仕事以外でも友達に会うときだって使ったりしますよね。しかも「こんにちは」にもなるし、「さようなら」にもなるスーパー便利な挨拶です(笑)

「こんにちは」や「さようなら」としての『お疲れ様』であれば、やはり「Hello」や「See you」となりますが、ねぎらいの気持ちを込めた『お疲れ様』や誉め言葉や称賛表現としての『お疲れ様』の場合はまた違った言い方になります。

ねぎらいを込めた「ご苦労様」のような意味の『お疲れ様』の場合は、「Thank s for working hard!(一生懸命働いてくれてありがとう)」のような、感謝を表す言葉を使います。

一方で、誉め言葉や称賛表現としての『お疲れ様』の場合は、「Well done!」「Good job!」のような表現になります。

でも、なんか上から目線な感じがして、日本人のような下手に出る感じとは若干違いますよね。


『お世話になっています』

『お世話になっています』もよく使いますよねぇ。
この挨拶も、ここまで来るとお分かりでしょう。
英語だと・・・・

その通り「Hello」で済んでしまいます(笑)


まとめ 

いかがでしたか?挨拶表現だけでも英語で表現できない日本語がたくさんありましたね。

書いていて思ったのは、英語では「Hello」や「See you」で表す事も、日本語ではたくさんの使い方があるということ、そして日本語には相手への敬意をこめた挨拶がたくさんあるということ。日本語の挨拶って便利だし、奥が深いわぁ~。

あと、バイリンガルなどが英語を話すと性格が変わるというのをよく聞きますが、その国によって表現方法が違うから性格が変わったように見えるのも(実際には性格は変わらないけど)あながち間違いでは無いんだろうな、と思います。

今回は挨拶をメインに書いていきましたが、英語と日本語の表現の違いはもっとたくさんあるし、英語にしかない表現もあったりするのでまたそのうち記事にしていこうと思います。


英語を学ぶならこちら⇩

あわせて読みたい
オージー英語も紹介!オーストラリアのコマーシャルで英語に慣れてみよう オーストラリアのコマーシャルを見ていて、このCMは結構簡単な英語だから初心者にも聞きやすいんじゃないかなー?と、ふと思ったので、今日はオーストラリアのCMを見ながら英語の解説をしていきます! オージーが良く使う、一番有名な言葉といえば『mate』だと思います。
あわせて読みたい
短編映画でおもしろ楽しく英語の勉強!オージースラングも盛りだくさん!【ドロップベア編】 「Bloody」「mate」「Yeah」「Nah」「Aussie」「bugger」と、この短い映画の中でもたくさんのスラングが出てきましたね!話の内容は馬鹿げた感じでしたが、少しでも楽しく動画を見ながら英語が学べていたら嬉しいです!



ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします⇩

こちらも応援お願いします⇩

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメントはここから⇩

コメントする

閉じる