メルボルンで地震が起きた時の街の様子やオーストラリア人の反応は?

こんにちは、メルボルン在住ララビーです。

少し前の話ですが、9月22日の午前9時15分頃にM5.9の地震がありました!

日本は地震大国ですが、オーストラリアではほとんど地震なんて無いんですよ。

そんなオーストラリア、街の様子や人々の様子はどうだったのでしょうか?
今回はそのことについて共有したいと思います。

M5.9の地震が起きた震源地と体感震度

先ほども言いましたがオーストラリアはプレートの中央に位置するので地震がほとんどありません。
私の彼も、体感するほどの地震は経験したことが無いと言っていました。

そのため、今回M5.9の地震が起きたのは かなり珍しい出来事なんです。

震源地はメルボルンの北東約180kmに位置するマウント・ブラー (Mount Buller)というところです。

オーストラリア メルボルン 地震 震源 マウント・ブラー
画像:USGS

この星のマークのところ。
もっと拡大して見たい方は画像をクリックしてサイトに飛んでみてください。

震源の深さは10kmだそうです。

震度的には、うーん、そうですね・・・私の体感震度としては3強くらいですかね?4ほどでもないような・・・少なくとも私の住んでいるところはそんな感じでした。

机や棚から物が落ちるほどではないけど立っていても確実に揺れを感じたし、ベランダの柵を見てもがたがた揺れているのが分かりました。

震度とゆれの状況
画像:気象庁

震度にするとそこまで大きな地震ではないですね(笑)

ただ、オーストラリアには地震が無いって信じ切っていた私は一瞬何が起きたのか分からずびっくりしました(笑)

あと、怖いなと思ったのが震度よりもオーストラリアの耐震です。
震度的にはそこまで強く無かったものの、オーストラリアの建物は日本の様に地震に対応した建物では無いのでどこまでの地震に耐えられるのかが不安というところはありますね。

メルボルンの街の様子は?

では、実際にメルボルンの建物は地震の後どうだったのででしょうか?

動画にメルボルンの街の様子が出ているので見て見てください。

動画:Earthquake shakes Melbourne – BBC News

動画の様に、メルボルンの一部の建物はやや崩れているところがあるみたいです。おそらく古い建物だとは思いますけどね。

それでも、あの揺れで建物が崩れてしまうという事は、オーストラリアの建物は相当地震に対する耐震が無いのかもしれません(汗)

路面電車の運行も一時停止になったりしていたようです。

ただ私の家の周囲の家で崩れている家などは一つも見かけなかったので、ほぼ被害は無さそうですし、負傷者もいなかったようです。

この地震の後にM4.0とM3.1の余震も観測されたようですが、私自身は気が付きませんでした。

オーストラリア人の反応は?

先ほども言いましたが、オーストラリアは地震が無い国なのでこの地震はニュースにもなるほど大きなことなんです。

彼や彼の両親も、この揺れは人生で初めてと話していました。

彼は「日本に来たら地震を体験してみたい」と言っていたので、今回の地震は大興奮でした(汗)

不謹慎で大変申し訳ない!

でも、それが一人のオーストラリア人の反応です(笑)

動画:News Breakfast

この動画では

「今まででこんな地震にあったことないわ。」
「今のは怖かったね。」
「これは地震?それとも構想上の何かか?」
「行こう、今のは大きかった。」

というような会話。皆さん童謡している様子が伝わりますね。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

地震が起きた時のメルボルンの様子が少しでも伝わりましたか?

日本だと震度3くらいなんだーという感じですが、建物が耐震されていないところだとなんとなく怖さもあります。
というか、日本が地震に慣れ過ぎているんでしょうね(汗)

日本もいつ大きな地震がくるか分からないので皆さんもくれぐれも気を付けてくださいね!

それでは今日はこの辺で、さよなラビー🦘

ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします⇩

こちらも応援お願いします⇩

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメントはここから⇩

コメントする

閉じる