オーストラリアの医者におすすめされた妊娠・授乳時のサプリ!【Blackmores】

オーストラリアのサプリメント事情と私のおすすめサプリ6選【Blackmores】

こんにちは、ララビーです。

以前オーストラリアのサプリメント事情と私のおすすめサプリ5選【Blackmores】という記事を書いた時にも、オーストラリアのサプリ事情についてお話したのですが、オーストラリア人はサプリを飲む人が多くの薬局にはいろいろな種類のサプリが売られています。

今回は私がオーストラリアの医者にすすめられて実際に購入した妊娠時と授乳時に良い、Blackmoresというブランドのサプリをご紹介します!

いろいろなサプリがあって変なブランドのものを買ってしまわないか不安な方は、この商品は私が実際に医師に勧められたものなので安心して購入できると思います

<この記事がおすすめな人>

  • 妊娠&授乳時におすすめのサプリが欲しい方
  • 妊娠&授乳時に必要な栄養素が知りたい方
  • オーストラリアで有名なBlackmoresのサプリについて知りたい方
  • 安心できる有名なサプリのブランドが購入したい方
  • ブラックモアズ 妊娠&授乳ゴールドの商品について詳しく知りたい方

BLACKMORESの妊娠時&授乳時におすすめのサプリ

BLACK MORES PREGNANCY & BREAST-FEEDING GOLD(ブラックモアズ 妊娠&授乳ゴールド)

BLACK MORES PREGNANCY & BREAST-FEEDING GOLD(ブラックモアズ 妊娠&授乳ゴールド)のパッケージ

私がオーストラリアの医師からおすすめされたのは、こちらのBLACK MORES PREGNANCY & BREAST-FEEDING GOLD(ブラックモアズ 妊娠&授乳ゴールド)という商品で私も購入したことがあります。

BLACK MORES PREGNANCY & BREAST-FEEDING GOLD(ブラックモアズ 妊娠&授乳ゴールド)の中身

中身はこんな感じの茶色いカプセル。
なぜかチョコレートみたいな香りがします(笑)

1カプセル分の成分

BLACK MORES PREGNANCY & BREAST-FEEDING GOLD(ブラックモアズ 妊娠&授乳ゴールド)の1カプセル分の成分
  • 葉酸 250㎍
  • ヨウ化カリウム 98.3㎍ (ヨウ化物 75㎍)
  • 濃縮オメガ3トリグリセリド 250mg
  • ドコサヘキサエン酸(DHA) 125mg (オメガ3マリントリグリセリド150mgを含む)
  • エイコサペンタエン酸(EPA) 25mg
  • グリシン酸鉄(II) 19.2mg(鉄 5mg)
  • コールカルシフェロール 12.5㎍ (ビタミンD 500 IU)
  • ニコチンアミド 9 mg
  • アスコルビン酸 30mg (ビタミンC)
  • 炭酸カルシウム 125mg (カルシウム 50mg)
  • ビオチン 15㎍
  • 酸化亜鉛 6.8mg (亜鉛 5.5mg)
  • 重質酸化マグネシウム 58.1 mg (マグネシウム 35mg)
  • セレノメチオニン 81.3㎍ (セレン 32.5㎍)
  • ピコリン酸クロム 121㎍ (クロム 15㎍)
  • チアミン硝酸塩 700㎍ (ビタミンB1)
  • リボフラビン700㎍ (ビタミンB2)
  • パントテン酸カルシウム 2.7mg (パントテン酸、ビタミンB5 2.5mg)
  • ピリドキシン塩酸塩 1.2mg (ピリドキシン、ビタミンB6 950㎍)
  • シアノコバラミン1.3㎍ (ビタミンB12)
  • d-α-トコフェロール 3.5mg (天然ビタミンE 5.2IU)
  • ベータカロテン 2.4mg

サプリの効果と使用方法

BLACK MORES PREGNANCY & BREAST-FEEDING GOLD(ブラックモアズ 妊娠&授乳ゴールド)のサプリの効果と使用方法

BLACKMORESの妊娠&授乳ゴールドに入っている栄養素について

BLACKMORESの妊娠&授乳ゴールドに入っている栄養素について少し説明させていただきますね。

情報については、以下の文献等を参考させていただきました。

<葉酸>

妊娠に葉酸は良いというのは良く聞きますよね。
妊娠可能年齢の女性は、妊娠前の少なくとも 1 か月間と最初の 3 か月間、1 日あたり 400 ~ 500 μg /日の葉酸を摂取することが推奨されているそうです。

この商品の一日の量(2カプセル分)も500μgなので、しっかり満たされていますね。

ちなみに葉酸を適切な量摂取していると、二分脊椎 / 神経管欠損症の子供が生まれるリスクが低下するそうですよ。

<ヨウ素>

ヨウ素の必要量は、妊娠中の特に最初の 20 週間で増加します。

ヨウ素は赤ちゃんの脳の発達をサポートするそうなのですが、多くの国の人はヨウ素が足りてないことが多いのだとか。

しかし、日本人は要素が含まれる海藻類や魚介類を多く接種しているのであまり不足になる人はいないようなのであまり積極的に取ろうとしなくても大丈夫だと思います。

妊婦は240μg/日、授乳中は270μg/日の要素が推奨されており、妊婦の耐容上限量は2000μg/日とのこと。

ちなみに日本人は一日平均1000~3000μg/日摂取しているそうなので、取りすぎている人は逆に注意が必要かもしれませんね。

とはいえ、ヨウ素の摂取量が多少増えても、排泄により調節することができますし、日本人は伝統的にヨウを多く摂取する食習慣のため、ヨウ素の過剰摂取に対する影響が発現しにくい民族だそうなので、そこまで過剰に心配し過ぎなくても良さそうですよ。

<鉄分>

鉄分は不足しがちな女性が多いですよね。

鉄の推奨量は妊娠していない月経無い時の18歳~64歳で6.5㎎/日ですが、妊娠初期になると9㎎/日、妊娠中期と後期は16㎎/日と、増加していきます。

そんな鉄分ですが、妊娠中の女性の約 4 分の 1 が、大量の鉄分を摂取すると便秘になると報告されています。
しかし、Blackmoresの公式HPによると、妊娠&授乳ゴールドには、便秘になりにくく、吐き気が少なく、おなかに優しい鉄が含まれているそうなので安心ですね。

<オメガ3(n─3) 系脂肪酸>

オメガ3(n─3) 脂肪酸であるEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)は、魚介類に含まれています。

妊婦には1.6g/日、授乳婦には1.8g/日が目安の様です。

妊娠&授乳ゴールドの良い点は、脳と神経系の発達のためのDHAが豊富に含まれているところ。
また、妊娠初期は味覚に対する感受性が高まる可能性が高いですが、この商品は無臭の魚油のため飲みやすく作られているのも嬉しいですね。

ちなみに、オメガ3(n─3) 脂肪酸は赤ちゃんの発達に良いだけではないんです。
心疾患予防や疲労回復にも効果があると言われていますし、オメガ3(n─3) 脂肪酸には暴力的・攻撃的行動の抑制効果があるため、母親による生まれた子どもへの身体的虐待やネグレクト行動の軽減にも効果がある可能性があるという研究結果も出ているんです。()

子にも母親にも良い成分なんですね。

<ビタミン D>

ビタミンDは、摂取することでカルシウムの吸収を助けるため強い骨を維持したり、健康な胎児の発育をサポートする役割があります。

ビタミンDは日光に当たることで体内で生成されます。
日光はビタミン大切ですが、

ビタミンDは日光に当たることで体内で生成されます。
日光はビタミンDの生成にとって大切ですが、皮膚がんや美容のため、日光を避けたり日焼け止めや衣服で身体を覆っている人は、食生活にビタミンDを多く含む食品を取り入れるか、サプリメントを摂るのが良いそうです。

ちなみにビタミンD摂取量の目安は、妊娠前後とも変わらず8.5μg/日となっています。

<ビタミン B グループ>

ビタミン B2 と B12 は、体が葉酸を使用するのを助けるため、健康な妊娠をサポートする役割があります。

ビタミンB2の推奨量は、18歳~74歳の場合1.2㎎/日ですが、妊娠期になると1.5㎎/日授乳期になると1.8㎎/日と高まります。

ビタミンB12の推奨量は、12歳以上で2.4μg/日ですが、妊娠期だと2.8μg/日授乳期だと3.2μg/日となります。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました!

妊娠・授乳時って体が大きく変化するので必要な栄養をを適切に摂取したいですよね。

BLACKMORESはオーストラリアでとても有名ですし、実際に私も医師からおすすめされているので安心できるブランドだと思います。
また、妊娠&授乳ゴールドには必要な栄養素が豊富に含まれているので、どの栄養素を取ったら良いのか分からない方にも良いですよね。

個人的には、妊娠前限定などの一時期だけでなく、長期間飲めるもありがたいなと思っています。

母体も乳児も健康であれ!

ということで今回はこの辺で!
さよなラビー🦘

ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします⇩

こちらも応援お願いします⇩

よかったらシェアしてね!

コメントはここから⇩

コメントする