赤いビートルートの健康スープ!【レシピ】

こんにちはララビーです。

以前、ビートルートのハンバーガーのレシピブログを投稿したことがあるのですが、今日はビートルートのスープのレシピをご紹介したいと思います。

ビートルートはスーパーフードと呼ばれていて、とても健康に良い野菜なんです。

オーストラリアではハンバーガーにビートルートをいれるなど、とても身近な食べ物なんですよ。
ぜひ一度皆さんも食べてみてくださいね。

あわせて読みたい
オーストラリア流のハンバーガー!ビートルートでオージーバーガー【レシピ付き】 オーストラリア流のハンバーガーは『ビートルート』を入れるんです!今回はオーストラリアで有名な『Jamie Oliver』のレシピを使ってオーストラリア流ハンバーガーのレシピを作ったので皆さんと共有したいと思います♪ ハンバーガーに鮮やかな色のビートルートが入るととっても美味しそうに見えますよね。美味しそうだと思った方はぜひ一度作ってみてください。

赤いビートルートの健康スープレシピ

以前のビートルートバーガーの投稿でビートルートについて説明したので知りたい方はそちらも読んでみてくださいね。

それでは早速レシピを紹介していきます。

材料(3~4人分)

  • ビートルート・・・2個
  • 人参・・・1個
  • ジャガイモ・・・3個
  • 玉ねぎ・・・1個
  • ニンニク・・・1かけ
  • バター・・・40gくらい
  • コンソメ(チキンストックやベジタブルストック)・・・大さじ1
  • ベイリーフ・・・1~3枚
  • 水・・・500mlほど
  • 塩・・・少々
  • 胡椒・・・少々
  • タイムなど、お好きなハーブ(あれば)・・・少々
  • 牛乳や豆乳・・・適量
  • パセリ・・・飾り用

野菜や調味料は結構適当で大丈夫ですよ。
私はタイムを入れました。

ジャガイモ入れなくても良いし、セロリなどを1本くらい入れても良いと思います。

盛り付けた後に牛乳や豆乳の代わりにヨーグルトやサワークリームを入れても良いと思いますよ。

作り方

STEP
野菜を食べやすいサイズに切る

ビートルートや他の野菜の皮をむき、玉ねぎをスライスまたはみじん切りし、他の野菜を一口大に切ります。

STEP
鍋にバターを入れ、弱火で玉ねぎを炒める

弱火で玉ねぎを炒めます。

時間があればキツネ色になるまでじっくり炒めると甘さもでて良いと思いますが、なければ油が回る程度でもOK。(この時は軽くしか炒めていません。)

STEP
他の野菜を軽く炒める

こちらは軽く炒めるくらいで大丈夫です。

STEP
鍋に水を入れ、塩コショウ、ハーブ類、コンソメを入れて茹でる

野菜に火が通るまで茹でていきます。

STEP
ハンドミキサーをかける

野菜に火が通ったら、ベイリーフを鍋から取り除き、滑らかになるまでハンドミキサーにかけます。

STEP
お皿に盛って盛り付ける

どうですか?写真を加工しなくてもこの綺麗な色!

ビートルートはネットでも買える

ビートルートって真っ赤なので、色がとっても鮮やかで見た目も美味しそうですよね。

この野菜は少し土臭いのでそのまま食べるにはちょっと食べるのは難しいですが、ピクルスや料理にすれば美味しく食べられますよ。

しいていゆなら、ビートルートは日本のごぼうみたいな味だと思ったらイメージしやすいと思います。
ごぼうスープとか飲んだことある人はビートルートスープも想像しやすいかもしれません。

ビートルートって日本ではなかなかスーパーではなかなか手に入らないかもしれないですが、ネットでも買えますよ。

こんなに食べられないという人は、缶詰も売っているのでお試し程度に食べてみてください。

ピクルスみたいな酢漬けみたいになっているので、土臭さは全然なくそのまま食べても美味しいですよ。

まとめ

毎日料理を作っていると、「今晩何にしようー。」とレシピを思いつくまでが結構大変じゃないですか?

そんな時、ちょっといつもと違う食材を使って、たまには普段と少し違う料理を作ってみてはいかがでしょう?

スープの作り方自体は結構適当で良いのでとても簡単ですし、見た目も健康に良いのでぜひ一度試してみてくださいね。

それでは今回はこの辺で!

さよなラビー🦘

ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします⇩

こちらも応援お願いします⇩

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメントはここから⇩

コメントする

閉じる