オーストラリアの仕事に対する考え方って?日本との働き方の違いはこんなとこ!

日本人と言えばよく働くというのは私たちも良く聞きますよね。

仕事は1番、プライベートは2番、みたいな考え方が根底にあるからなのかもしれません。
もちろん私たちもプライベート1番、仕事2番にしたい気持ちはあっても社会がそうさせてくれませんよね。

オーストラリアでの働き方は逆にプライベート1番、仕事2番、というような感じがあるなぁと思います。

良いと思う反面、こんなんで良いのかー?
と思うこともありますけどね。

良くも悪くも、今回はそのあたりのオーストラリアと日本の働き方の違いについて皆さんにシェアしていきたいと思います♪

僕みたいに寝てばっかりでも働けるかなぁ?

国民性の違いから見た日本人とオーストラリア人の働き方

オーストラリア人の国民性はフレンドリーと言われることが多いです。
また時間の流れは日本よりもゆっくりと感じるオーストラリアでの仕事のあり方はどんなものなのでしょう?

オーストラリアはお客さんとの距離感が近い

距離が近い

オーストラリアでは、お客さんとの距離感が近いなと思います。
もちろんこれも人は場所によるのでしょうが。

仕事中、世間話することかなり多いです。
日本でもお客さんと軽く話をすることはありますが、あくまでもお客さんなので敬語で丁寧に対応しますよね。

でも、オーストラリアはもっと距離が近いように思います。
お客さんに対してもジョークを言ったり、友達のような感覚で接しているなと思う事が多いです。

この辺がフレンドリーと言われるオーストラリア人の特徴なのかもしれませんね。

時々上司がお昼ご飯を持ってきてくれたりするのですが、お客さんにもこっちきて食べなよ~ってランチルームまで誘って一緒に食べたりもしていました。

お客さんと談笑しながら仕事中に物を食べるなんて日本では基本的にありえないですもんね(笑)

仕事中の私語や飲食

私語や飲食

皆さんの職場では仕事中に世間話をすることはありますか?
厳しい会社、緩い会社と様々だと思うのですが、基本的に私語は慎むようにするのが日本の働き方のマナーですよね。

仕事中に私語は慎んでおかないと上司に怒られたり、さぼってるなんて思われますよね。
そもそもお客さんにそういう姿を見られるのは厳禁。

もちろん仕事しないでずっと世間話は良くないですが、オーストラリアでは私語は得に悪く言われません

私も仕事中に同僚同士がよく話しているのを見かけるし、話かけられたりします。
しかも、日本では話すとしても何かしら手を動かしながらという感じですが、オーストラリアではそういう感じでもないです。

また、職場にコーヒーや紅茶、クッキーまでも用意されていたりするので仕事中にお茶をのみながら、お菓子を食べながら働いたりもできます。
どこの職場もそういう環境があるわけではないですが、その辺に関しては寛大なところも多いのかなぁという印象でした。

ちなみにうちの職場の冷蔵庫にはビールが完備されていて、飲みたい人は閉店後に飲んでます。

オーストラリア人の忙しいは日本人の暇?

忙しいい

ここまでで、何となくオーストラリアは日本よりも働き方がゆったりというのはお分かりいただけたと思います。

さらに気が付いたのが、『忙しいレベル』の違い。

感じ方は個人差がありますが、日本人が思う忙しいの感覚とは若干違うのかな?と思います。

皆さん、仕事で感じる「超忙しいー!」は、どのくらいの感覚でしょうか?

個人的には超忙しい!っていうのは、一日中私語だったりトイレまでも行く暇がないくらい駆け回っていても終わらず、残業確定!みたいなことだと思っていました。

しかし、そうでもなさそうなのに「忙しい」と言っている人も多い印象があります。
だからって「じゃあお前がやってみろよ!」って言われても、私はその人達の仕事内容は分からないのでそんなこと言える立場では無いんですけどね(;^ω^)

そして、この国で私は「頑張り屋さんだね」ってよく言われる。

確かに、日本でも私は頑張り屋とは言われてきた方ではあります。
確かに頑張っていたとは思います。

しかし、正直今の私は全然頑張っていません(笑)
今までの半分以下・・・いや、なんなら30%くらいの力しか使ってないんじゃないでしょうかね。

それでもこの国の私は頑張り屋さん。

イベント大好きオーストラリア人

バーベキュー BBQ

オーストラリア人はイベント事が大好き。

皆さんオーストラリアンフットボール(AFL)って聞いたことありますか?

フッティと呼ばれていて、ちょうどサッカーとラグビーを掛け合わせたようなゲームなのですが、オーストラリアではこれが大人気のスポーツ。
その試合のための祝日なんてできちゃうくらいなんです。

その試合の時期になると外では個人が応援するチームのタオルを車の窓に挟んでピラピラさせている人や、ユニフォームを着た人を良く見かけます。

職場でも同じように、ユニフォームを着てくる人が何人いましたし、上司がチームの絵柄が書いてあるクッキーや食べ物をもってきてくれてみんなでワイワイすることもありました。

クリスマス時期も職場でバーベキューをすることもありましたよ。
もちろんお客さんも誘って。

働きながらバーベキューを食べて話して、なんとも自由ですよね。

オーストラリアの仕事の制度や同僚・上司との関係性の違い

ここでは、オーストラリアの仕事に関する制度も日本とは少し違います。
また、上司や同僚との関係性も結構違んですよ。

オーストラリアは仕事が分業化されている

分業化 チームワーク

オーストラリアでは、仕事が分業化されています。
働いていても自分の仕事は自分、他人の仕事は他人、っていうのが結構はっきりしているように思います。
なので、自分の仕事が終わったら、はい、さようなら~。

上司が終わるまで帰れない・・・みたいな気づかいがいらないのは良いところですね(笑)

もちろん忙しそうな人を手伝ったりもしていますけど、手伝う人は手伝うし手伝わない人は手伝わないという感じ。

うまく説明できませんが、『みんなで一つのものを終わらせる』という感覚では無く、働きたい人が働くという感じは時々なんか寂しくも感じます。

自分は自分、他人は他人、なんだなぁ~って思い知らされます。

ただ、共同作業という感覚が薄いことのメリットは何かミスが起きた時の連帯責任感みたいな感じはあまり感じない事かもしれません。
とりあえず自分の仕事だけ終わらせたらよいので気楽ですよね。

仕事の合間に15分ブレイク

15分休憩

オーストラリアでは基本的にランチ休憩の30分に加え、15分の休憩が設けられています。
ランチの30分は給料に入りませんが、15分間はお給料に含まれています。

実際にはちゃんと15分間決めて休憩しているという感じではなく、なんとなくたばこ休憩や世間話などの時間を入れて15分としているのかな?
という感じ。

先ほどオーストラリア人は仕事中に世間話もするということも書きましたが、この15分があるおかげで多少働いていない時間があっても良しとされているのかな?
いや、それがなくても働き方は同じだろうな。
普通に国民性の違いですね、きっと。

日本は学歴社会に年功序列、オーストラリアは?

年功序列 学歴社会

日本は学歴社会ですよね。
頑張って勉強して良い大学に入ればその分就職先の幅も広がり将来安定。

一方オーストラリアでは、学歴はあまり重要視していないように感じます。
それよりも経験や実力があるひと、または知り合いからのつてが多い人が就職に有利な傾向があると思います。

言い換えると、経験が無い人は就職しにくいのかもしれません。
でも、経験って働きながら得るものでは?

また、日本は年功序列で給料が上がったり昇進しますよね。
オーストラリアでも多少の年功序列はあるんでしょうが、基本的に上司も同僚も年齢関係なく対等な感じがします。

苗字ではなく友達のようにみんな下の名前で呼びあっています。
仕事の昇進に関しても、年齢ではなく出来る人が昇級するようです。
そして給料も自分の能力に見合っていないと感じれば上司に交渉することも可能です。

外国人が意見がはっきりしているとよく言われますが、それもわかる気がします。
意見がはっきり主張できる人の方が上手くやっていけるんだろうなと思います。

対象に日本で上司に自分の意見を主張するなんて日本じゃちょっとできませんよね。
「出る杭は打たれる」と言ったように周りと違う事をするのもあまり良くないですよね。

良い意味ではみんな対等、悪い意味では強くないと認められない、という感じなのかな。

日本よりもクビになる?

解雇 クビ fired

これは私の経験でしかないので実際はよくわかりませんが、日本よりもオーストラリアの方が簡単に社員をクビにする傾向があるように思います。

日本で会社をクビにされた人は一度も見たことがありませんでしたが、オーストラリアでは辞めさせられた人を見たことがあるし、過去にもそういう人がいたというのを聞いたことがあります。

もちろん理由はありますよ。
勤務態度が悪くて全然直そうとしなかったり、物を盗んだり。

まぁ、そりゃクビになるわな、という人達ばかりなので普通に働いていたらまずクビになることはないと思いますが。

オーストラリアはクビが多いというよりも、勤務態度が悪い人が多くてクビにせざる負えないだけかもしれません。

日本人は比較的みんなちゃんと働くので首にする理由がない=クビになる可能性が少ない、ということかな?

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました♪

日本とオーストラリアでは働き方や考え方が大きく違うなぁとつくづく感じます。
今回の記事で少しでもオーストラリアでの仕事の雰囲気が伝わったら嬉しいです。

仕事の丁寧さや良く働くところなど、日本人の素晴らしいところを残しつつ、オーストラリアの良いところを取り入れられると良いですよね。

他にも日本とオーストラリアの働き方の違いについて知りたい方は、こちらも参考にしてみてください⇩

あわせて読みたい
オーストラリアと日本の休暇制度の違いと現実!病欠用の有給休暇がある優しい国 オーストラリアの休暇制度と日本の休暇制度についてもう少し詳しく調べてみたので皆さんと共有して行きたいなと思います。 日本も制度的には様々な休暇制度があるのは良い事ですが、せめてその休暇がもう少し取りやすい環境になって欲しいものですね。
あわせて読みたい
オーストラリアの仕事開始までの流れの違いを日本と比較してみた 今回はオーストラリアで仕事をする際の流れの中で日本と少し違うなぁと思った部分についてご紹介していきます。 これからオーストラリアワーホリや語学留学に行って仕事もしてみたい!と思っている人は参考にしてみてくださいね。

皆さん今日もお仕事おつかれさまでした。

それでは、また次回の記事で。

さよなラビー🦘

ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします⇩

こちらも応援お願いします⇩

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメントはここから⇩

コメントする

閉じる