オーストラリア(メルボルン)で起きたデモの様子を公開!

オーストラリア(メルボルン)のデモ

こんにちは、ララビーです。

前回の更新からだいぶ時間がたってしまいました・・・汗

お待たせしました💦

前回の記事で話したように、メルボルンではワクチン接種を強く推奨しており、ワクチンを接種していない人に対してはロックダウンの時のように仕事に就けなかったり、施設に立ち入れないなどの厳しい規制があります。

あわせて読みたい
【コロナ情報】オーストラリア(ビクトリア州)のワクチン接種状況と新たな規則 前回のコロナに関する記事からはずっとロックダウンと緩和の繰り返しと言ったところですが、最近はオーストラリアのビクトリア州もワクチン接種の推奨に伴い新たな規則が出来たので報告したいと思います。

オーストラリアではワクチンを拒否する人達も多く、年末ごろはシティでデモが毎週のように行われている時期もあったんです。

シティに行くと、通りを交通規制してかなり大人数の人達が練り歩いていました。
という事で、今回はその実際のデモの様子について写真も撮ったのでご紹介したいと思います。

オーストラリア(メルボルン)でのデモの様子

それではメルボルン市内の写真をお見せしますね。

オーストラリア(メルボルン)のデモの様子 フリンダースストリート駅

ここはメルボルン市内にあるフリンダースストリート駅という駅前の様子です。

プラカードを持った人たちが並んでいます。

「CENSORSHIP, SILENCING EXPERTS & OPEN DEBATE」
(検閲、専門家への沈黙、公開討論を)

「 GAGGING DR’S & NURSES, GROSS UNDER REPORTING OF ADVERSE REACTIONS」
(医師と看護師への口止め、甚だしい副作用の過少報告)

「GOVERNMENT STRATEGIES CREATING DIVISION & DESTROYING FAMILIES, LIVES & COMMUNITY」
(政府の戦略は分裂の作成、家族や生活やコミュニティの崩壊)

「 PROVEN, EFFECTIVE MEDICINES BANNED!」
(証明された効果的な薬が禁止されている!)

「 HOSPITALS ARE FILLING WITH THE VACCINATED」
(病院はワクチン接種済みの人で埋め尽くされている)

オーストラリアのメルボルンのデモ

前が見えないほどの人だかりです。

ちなみにデモと言えば暴力などがありそうなイメージですが、ドラムや笛を吹きながら歩く人などもいて、どちらかというとフェスティバルのような割と平和そうな雰囲気でした。

デモ ダニエル・アンドリューズ
パンチングバッグ

こちらはダニエル・アンドリューズ(VIC州野党労働党のリーダー)さんのパンチングバッグ(笑)

Daniel Andrews
引用:THE MANDARIN

うん、ちょっと似てる。

こちらはメルボルン市内にある大きな公園です。

すごい数の人ですねー。

ここの公園にはステージがあるのですが、ライブのように音楽を引いて歌っている人もいました。

ホントに何かのイベントみたいだね。

またデモの最中、皆何か大声で叫びながら歩いていました。

掛け声は

「SACK DAN ANDREW!」
(ダニエル・アンドリューズを解任させろ!)

「KILL THE BILL!」
(法案を没にしろ!)

というようなことを叫んでいました。

オーストラリア(メルボルン)のデモの理由と規模は?

冒頭でもお話したように、ここで行われているデモはコロナの予防ワクチン反対に対するデモ活動です。

ただ、ワクチン接種をしたく無いからという理由で反対している人もいると思いますが、どちらかというとワクチン接種をほぼ強制されていることによる自由の侵害に対するデモと言った方が良さそうです。

「ワクチンを打つかどうかの選択肢を自由に決められないのはおかしい」

「ワクチンを接種している者としていない者に対する扱い(規制)が違うのは差別になる」

「ワクチン接種は医療行為であり、接種済みを証明する証明書を見せなければいけないという行為はプライバシーの侵害だ」

などという声が上がっています。

そして、こちらはドローンで撮影されたメルボルン市内の様子です。

道が人で埋め尽くされていますね。

なんと推定10万人を超えるほどだったらしいですよ。

オーストラリアの他の街でもデモ活動が盛んに行われているのですが、オーストラリアが建国されて以来、歴史上最大級のデモなんだとか。

このすごい人の数を見たら納得ですね。

オーストラリアも日本と同様にワクチンの接種が進んでいるので、こんなに多くの人がデモに参加しているという事実にびっくりしますが、中には仕事のためなどに仕方なくワクチンを接種したけど実際は反対しているという人もいるようなので、ワクチン接種していても実際は反対している人も相当いそうです。

最後に

最後まで見てくださりありがとうございました。
メルボルンのデモの様子がなんとなく伝わったでしょうか?

個人的には、テレビなどを見ていてデモは暴力的というイメージが強かったですが、実際は意外と楽しそうな雰囲気で歩いているんだなと思い、イメージが変わりました。

また、改めてオーストラリアの人たちは自分の主張がはっきりしているなと実感しました。
デモに参加している人を見るとアジア人はあまりいなさそうだったので、やっぱり国民性の違いがあるのかな、なんて思いました。

そして自由を求めて立ち上がる姿勢は強いですよね。
ルールに縛られ過ぎると自分がどう考えているのかという意志を忘れてしまいがちなので、改めて考えさせられました。
自分の信念を強く持ち続けたいですね。

それでは今回はこの辺で!
さよなラビー🦘

ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします⇩

こちらも応援お願いします⇩

よかったらシェアしてね!

コメントはここから⇩

コメントする