オーストラリアの医療費や保険ってどんな感じ?

こんにちは、ララビーです。

今回は、オーストラリアの医療費や保険ついて少しお話したいと思います。

オーストラリアでは、病院にかかるまでや医療費または保険など、日本と違うところも結構あるんです。

ここでは

  • オーストラリアで病院に行くことになった場合の流れは?
  • オーストラリア留学やワーホリ中に病院に行くことになったらどれくらい払わないといけないの?
  • 現地人と同じ国民健康保険(メディケア)を持っていた場合の医療費は無料ってホント?
  • 歯医者は高いと聞いたことがあるけどそうなの?
  • オーストラリアの保険について知りたい。
  • オーストラリアと日本の医療保険の加入率ってどうなの?

などについて、私の体験をもとにお話していきますね。

オーストラリアの病院に行くまでの流れ

オーストラリアの病院に行くまでの流れ

では、オーストラリアで病院に行く際の流れについて順をおって説明しますね。

STEP
まずはGPを予約してから診察を受ける

日本とオーストラリアって病院のシステムが少し違うんです。

まず、オーストラリアで具合が悪くなった場合、GP(総合診療医)と呼ばれるところに最初に行きます。

この病院の規模は、大きな病院というよりも日本で言うクリニックみたいな感じですね。

風邪など、そこまで大きくない病気や精密検査などが必要ない場合はたいていこのGPだけで済んでしまいます。

GPに行くには基本的に予約し、いつも見てくれる先生がいればその先生に診てもらうことが可能です。

風邪で仕事を休む場合、医師の証明が必要になるのですが、電話で診察してくれる場合もありますよ。

電話診察してもらい、医師の証明をもらった時の体験談についてはこちら⇩をご覧くださいね。

あわせて読みたい
風邪で取得できるオーストラリアの有給休暇!PCR(コロナ)検査もしてきました【レポート】 オーストラリアでは、年次有給休暇とは別に風邪で仕事を休む時にもらえる個人有給休暇(Sick Leave)というありがたい有給休暇制度があります。 以前風邪を引いた時にその有給休暇を取得したので、今回はその流れを説明していきたいと思います。 また、その時PCR検査もしてきたのでその時の体験談も合わせて書いこうと思います。
STEP
薬局で薬をもらう

このGPで先生に風邪薬などを処方された場合、GPで薬はもらわず、先生で処方箋をもらった後、自分で近くの薬局に行って薬をもらいに行きます。

この流れもなんとなく日本のクリニックと似ていますよね。

STEP
スペシャリスト(専門医)を予約してから診療を受ける(医師が専門医の診察が必要と判断した場合)

GPが専門医にかかった方が良いと判断した場合はスペシャリスト(専門医)に紹介状を出してもらって診察してもらう事になります。

GPが専門医にかかった方が良いと判断したら、まず専門医の予約をするのですが、パブリック(公立)病院にするかプライベート(私立)病院にするかの希望を聞かれるので行きたい方を選びます。

どちらにするかでまた待ち時間や値段などが変わってくるので、詳しくは『メディケア(国民健康保険)とプライベート保険の違い』で説明しますね。

医療費はいくら?メディケア(国民健康保険)があれば無料なのか?

医療費はいくら?メディケア(国民健康保険)があれば無料なのか?

それでは私が実際に払った医療費の話をしますね。

まずはメディケアと言う日本の国民健康保険というものがあるのですが、

オーストラリア市民やオーストラリアの永住権を持っている人は、以下の写真のようなメディケアというカードが交付されます。

メディケアカード 医療費 公立病院
画像:health direct

このメディケアカードを持っている人は、医療費は全額負担されます。

が、実際には自己負担する場合もあります。

私がGPに行った時のことをお話しますね。

まずGPでかかった金額を全額自己負担して、その後にメディケアの負担分が返ってくるのですが、完全に負担はされませんでした。

過去の履歴を見て見ると、

GPで診察してもらった時にかかった金額が$78、メディケアに負担してもらった金額が$38.75。

計算すると

$78-$38.75=$39.25(6,463.08円-3,210.82円=3,252.26円※2021年7月7日現在

こんな感じ。

つまり3000円くらいはGPにかかる際に払う可能性があるんですね。

過去何回かGPにかかっているのですが、大体毎回同じ金額です。

一度だけ全額が$68で、メディケアでで負担してもらった金額が$38.75という時もありました。

と言うことは、メディケアを持っていてもGPでは大体日本円で2000~3000円くらいは自己負担するということですね。

これは電話で受診した時も同じです。

薬を処方される時は、それにプラスして薬代がかかります。

ただし、公立病院のスペシャリスト(専門医)にかかった時もあったのですが、その時は本当に無料でした

最初に全額負担することも無く、支払い無しで帰ることが出来ました。

ちなみに、私立病院の方のスペシャリストにかかった時もありますが、その時はかなり払いましたよ。
詳しくは覚えていませんが、日本円で3~4万は払ったと思います。高い!

ちなみに、オーストラリアで歯医者を行くときはメディケアが使えないので全額払わなければなりません。

私も歯の治療で15~20万近く払った事もありますし、100万近く払うことになった人もいます。

と言うことは、海外旅行や海外留学中に保険無しで病院で大きな手術などをした場合、何百万、何千万いってもおかしくないのではないでしょうか。

オーストラリア 医療費
画像:AIG損保

参考までに、私が海外留学で利用した保険会社についてお話している投稿もあるので、これから海外留学や旅行に行く人は良ければ読んでみてくださいね⇩

あわせて読みたい
【海外留学保険体験談】AU留学中に盗難でAIG損保で補償してもらった話 私は以前留学した時にAIG損保(旧AIU損保)という保険会社で契約したのですが、先に言っておくと、しっかり補償してもらえました!留学や旅行に行く前にどの保険にしたら良いのか悩んでいる方や、実際に盗難にあったときにどうすればよいのか知りたい方はぜひ読んでみてください。

メディケア(国民健康保険)とプライベート保険の違いと加入率

メディケア(国民健康保険)とプライベート保険の違いと加入率

メディケア(国民健康保険)とプライベート保険の違い

先ほど少し公立病院と私立病院では待ち時間や値段が違うという話をしましたが、先ほども説明したように公立病院を選ぶ場合はメディケアを持っていたら無料で、私立病院に行く場合は高額支払わなければなりません。

ただ公立病院の場合、予約に相当な時間がかかるため人によっては数か月や1年待ちになる場合があります。

もちろん、医師が優先順位を決めるので危険な状態でも1年待たなきゃいけないというわけではありません。

専門医がGPの紹介状を見て早急に診察した方が良いと判断した場合や、緊急事態の場合はすぐに診察してもらえます。

しかし私立病院の場合、診察日や病院や先生を自由に指定できます。

そこでプライベート保険(医療保険)を持っている人は、そんなプライベート病院の治療費や入院費を負担してもらえるのです。

毎月一定の金額を支払うのは日本の医療保険と同じですが、日本の様に病気になったら保険金が下りるというシステムとは全然違うんですね。

さらに、メディケアでは負担されない眼科、歯医者、救急車、理学療法などの医療費もプライベート保険に加入していれば負担してもらえます。

プライベート保険の加入率

こちらの画像は実際にプライベート保険に加入しているオーストラリアの人の割合の表です。

人口の44%(※2019年6月現在)がオーストラリアのプライベート保険に加入しているようです。

半分いないくらいなんですね。

割合が最も高かった年齢は、男性で65〜69歳(55%)、女性で70〜74(58%)でした。

ちなみに、日本の医療保険加入率は73.1%です⇩(※令和元年現在)

日本の医療保険加入率

こう見ると、オーストラリアのプライベート加入率は日本に比べると低いですよね。

良く言えば、オーストラリアはメディケアで充分賄えるということなんじゃないでしょうか。

負担されない部分はあるものの、大体の部分が負担されるのでメディケアを持っているだけで安心感はありますよね。

まとめ

最後まで読んでくださりありがとうございます。

今回は、オーストラリアの医療費や保険などについてお話しました。

GPは多少自己負担もしますが、メディケアがあれば公立病院の専門医にかかった場合完全無料なのはすごいなぁと思います。

事故や病気した時って自分の体の事を考えるだけでいっぱいいっぱいなのに、お金のことまで心配したくないですよね。
そう思うとオーストラリアの医療システムは良いと思うので住んでて安心です。

自分は健康だと思っていても、いつ何が起こるか分からないので皆さんも健康には気を付けてくださいね。

それでは今日はこの辺で

さよなラビー🦘

  • オーストラリアで何かあったらまずGPを予約→必要なら専門医を紹介される
  • メディケアがあってもGPで少し負担する場合がある
  • メディケアがあれば公立の専門医の治療や入院は大体無料だけどカバーされない部分もある(メディケアでカバーされない物は以下のとおり)
    • 眼科
    • 歯医者
    • 救急車
    • 理学療法
    • プライベート病院の治療費や入院費
  • プライベート保険はメディケアでカバーされない部分をカバーしてもらえる
  • 私立病院は医師・日にち・場所などを指定できる
  • オーストラリアのプライベート加入率は44%、日本の医療保険加入率は73.1%

ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします⇩

こちらも応援お願いします⇩

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメントはここから⇩

コメントする

閉じる