オーストラリアで車の運転!日本と違う道路状況を知っておこう!

オーストラリアは日本と同じで右ハンドル、左側通行で、ルールも大体似ています。
しかし、日本とは違う道路の構造や交通ルールもありますし、環境が違うと気を付けなければいけないことも違うので、今回はオーストラリアの道路事情についてお話していきます。

オーストラリアで車を運転する前にはぜひ読んでおいた方が良いですよー!

日本ではあまり見かけないラウンドアバウト

ラウンドアバウト

みなさん上の写真のような円になっている道を見たことがありますか?
これはラウンドアバウトという名前の道なんですが、これがあれば信号をつけなくても方向転換ができるんです。

ではルールについて説明します。

  1. ウィンカーで行きたい方向を示す
    右折したいのなら右にウィンカー、左折なら左にウィンカーを出します。(ラウンドアバウトに入るときは左周りなので左折しているような感じですが、最終的にどこに行くかでウィンカーの方向を決まます。)
    ちなみに、直線したい場合はウィンカーを出しません。
  2. 右側から車が来ていないことを確認する
    右側優先なので、ラウンドアバウトに入る前に右から車が来ていないことを確認し、車が来ていたらその車が過ぎ去るまでラウンドアバウトに入る手前で一時停止して待ちます。
  3. ラウンドアバウトに入り、そのまま出たい方向へ出る
    方向転換するとウィンカーが消えると思うので、そのまま出たい方向へ出ていきます。
    これはビクトリア州のルールです。ここの部分が州によって若干ちがうので要注意!
    クイーンズランド州の場合、ラウンドアバウトから出る直前で左へウィンカーを出し、ラウンドアバウトから出ます。

州によって若干の違いはあるものの、基本的なルールは同じで難しいルールでは無いなので慣れれば簡単だと思います。


超厳しいオーストラリアの速度制限

オーストラリア 速度制限

日本では一般的に時速60kmの道が多く、高速道路では100kmほどの場所が多いと思います。

オーストラリアでは、モーターウェイの制限速度は時速100~110km、田舎道の一般道は100km、市街地周辺で60km~80km、スクールゾーンで40kmというのが一般的になっています。

スピード制限なんですが、日本では制限速度が60kmの道でも80km前後で走っている車を良く見かけませんか?

多少のオーバーは暗黙の了解・・・という感覚がある気がします。

しかし、

オーストラリアの場合、少しでも速度制限をオーバーしたら罰金を取られてしまうんです!

私も初めてオーストラリアに来た時はあまり交通ルールを知らなかったため、実際に速度オーバーで罰金取られたことがありました・・・涙

スピード違反による罰金の金額金額は以下のようになります。

オーバーした速度制限罰金金額免許停止期間
10 ㎞/h 未満$207
10 ㎞/h ~ 24 ㎞/h$330
25 ㎞/h ~ 29 ㎞/h$4543ヶ月
30 ㎞/h ~ 34 ㎞/h$5373ヶ月
35 ㎞/h ~ 39 ㎞/h$6206ヶ月
40 ㎞/h ~ 44 ㎞/h$7026ヶ月
45 ㎞/h 以上$82612ヶ月
20 ㎞/h ~ 24 ㎞/h
(制限速度110 ㎞/hの道で)
$3303ヶ月
vicroads : 参照
※重量4.5トン以下の車の場合です。


ちなみに、

祝日だと罰金が2倍

私が罰金取られた時もまさにそう・・・その祝日でした・・・・涙)

ということで、ルールを知らないと痛い目みるし、事故にもあいやすくなると思うので、しっかり覚えておきましょう!

危険なドライバーが多い!

危険ドライバー

オーストラリアはスピード違反の罰金も多いから、安全運転の人が多いんだろうな~。

いえいえ、ところがどっこい!

オーストラリアには日本に比べるとルールを守らない人が多いんです。

彼や他のオージーも守らない人が多いと言っていたのでそうなんでしょう。

日本で道を歩いていたり、車に乗っていても車の事故なんてあんまり見かけませんよね?
日本にいた時は私は人生で数回しかみたことありませんでした。

しかし、オーストラリアではしょっちゅう事故を見かけるんですよ。

ちょっと前に見た事故は車が真っ逆さまにひっくり返っていました。
しかも何もないただのまっすぐな道で・・・。
超意味不明・・・。

彼も、「少なくとも月に1回は事故を見ていると言っていました。

月に1回どころか、月に数回は見ますね。
数えてないから分かりませんが、週1もありえるかもしれません。

そして、この記事を更新しようと思うきっかけになったのが今日の事故!

なんと、職場に行く通勤時だけで5回も事故があったんです!!
さすがにこれにはびっくりでした。

そのうちの1回は事故ではなく故障?で停まってしまったような感じだったんですが、他の4回は全部衝突事故。

それも全部違う場所で起きてたんですよ、びっくりでしょ?

それほど事故が多いし、危険なドライバーも多いということですよね・・・汗

実際、ウィンカーを出さない人や、車線を何度も変えて無理やり割り込もうとする人、車間距離を開けない人など、危険運転する人がたくさんいます。

皆さんもオーストラリアで車の運転する時はくれぐれも気を付けてくださいね。

オーストラリアでは飲酒運転可能?

 ビール 飲酒運転

先ほどオーストラリアの速度制限は厳しいと言いましたが、飲酒運転に関しては割と緩めな気がします。

日本の道路交通法においては、呼気中アルコール濃度0.15mg/l が酒気帯び運転の基準値となっています。これを 血中アルコール濃度に換算すると、0.03%に当たります。

オーストラリアでは、血中アルコール濃度が0.05%以下に限り、飲酒運転が可能となっています。
これは、1時間にビール1本分ほどに相当するようです。

しかし、オーストラリアに来たし、少しアルコール飲んだけど運転しちゃえー・・・・

なんて思わないでくださいね。
アルコールへの耐性は人によって違うので、血中アルコール濃度が0.05に達しにくい人もいれば、少しお酒を飲んだだけでも0.05に達してしまう人もいるみたいです。

そのため、合法とはいえど運転するときはお酒を飲まないのがベストだと思います!


オーストラリアと日本の車線

道路車線

日本では黄色と白の車線があって、黄色い実線は車線変更禁止という意味ですよね。

オーストラリア(ビクトリア州だけかもしれませんが)では基本、黄色の車線は無く、唯一見られるのが山などの雪が降る場所のみのようです。
なぜなら、雪は白く車線が見にくいからという理由なんです。

日本の黄色い車線の理由とは違いますよね。

つまり、基本的にはオーストラリアには白の点線と白の実線しかないんです。

白の点線は車線変更OK、これは日本と同じですね。
白の実線は基本車線変更やUターン不可で、道路に入る時や出る時などに車線を変えてOK、これは少し日本と違うところだと思います。

そこまで難しくはなさそうですね、むしろ日本よりももう少しシンプルな気もする・・・?

あちこちで路上駐車

路上駐車
画像:WOWネタ

日本では路上駐車はあまり見かけませんが、オーストラリアでは路上駐車を良く見かけます。

これは違法ということではなく、もともと駐車スペースとしてつ使えるようになっているためです。

時間帯によって無料で駐車できるようになっていたり、道路脇に駐車料金を払う機械が設置されているのでお金を払って駐車したり、場所によっていろいろあります。

個人的にはあまり良い方法には思えないんですけどね・・・・。

車が何台も駐車しているせいで、左車線(路上駐車している車線)はほとんど使えていない上に、左側を運転していた人は右に車線変更しないといけなくなったりで、事故にもつながりやすい気がしてしまいます・・・。

また、路上駐車している車から人が出てきたり、急にドアが開いたりと、自転車を運転する人にとってもあまり安全とは言えない気がします・・・。

ただ、場所によって混む時間帯は駐車禁止にして両車線とも使えるようにして、空いている時間帯は駐車OKにして右の車線だけを使うようにする、という意図もあるみたいです。
スペースを無駄にしない良い考えではありますよね。

トラムを追い越す時のルール

トラム 追い越し方

メルボルンにはトラムという路面電車が走っています。トラムを追い越す時のルールがあるので説明しますね。

トラムは一般的に道路の真ん中(2車線あったら右側)を走っているので、追い越す時は左車線から追い越す形になります。

  1. トラムの黄色のライトが点滅した時は「今から止まりますよー。」というサインなので、この時は追い越し禁止。
    • ※この時に人が乗り降りするので、これを無視して追い越そうとすると大きな事故になりかねません。
  2. ドアが閉まり、黄色の点滅ライトが消えたら追い越してOK

簡単でしょ?

これは車だけでなく、自転車で追い越す場合も同じなのでお忘れなくー。


ガソリンは早めにチェック

ガソリンが無い オーストラリア

車を運転して遠方を旅行したい人はガソリンは早めにチェックしておいた方が良いですよ。

なぜならガソリンスタンドがどこにでもあるわけではないからです。

って言っても、これは市内からかなり離れた田舎道を遠出で運転する時に限りですけどね。
街中を運転する時は特に気にしなくて大丈夫。


オーストラリアは日本の20倍以上の大きさもあるので、日本みたいにすぐにガソリンスタンドが見つかるというわけではないんです。

オーストラリアには146.6kmもの世界で最も長いまっすぐな道があるくらいですからね。
車で1時間以上も何もないまっすぐな道ですよ、日本では考えられないですよね。

そんなところでガソリンがなくなった時には大変なことになるのはお分かりだと思います。くれぐれもお気をつけて!


野生動物に注意!

カンガルー 飛び出し

日本の田舎でも野生動物は出てくると思いますが、オーストラリアも夜間は野生動物が飛び出してくることがあります。
日中車を走らせていると、道路脇にカンガルーやキツネやポッサムなどの死骸が横たわっているのをよく見ます・・・。

夜間に運転すると、動物たちが飛び出してくる可能性が高いので夜間の運転は要注意です!

時速100kmで走っている時に急に動物が飛び出してきでも避けるのは難しいですし、そんなスピードで避けようと思ってハンドルを切ると大事故になってしまいます。
夜間はゆっくりめに走るなど、細心の注意を払いましょう。

最後に

いかがでしたか?
オーストラリアと日本は割と交通ルールが似ているので、日本で車の運転が慣れている人にとっては割と運転しやすい道かもしれません。

しかし、日本とは環境が違うので運転するときはくれぐれも事故に気を付けて、安全運転を心がけましょう!

では、皆さんのオーストラリア旅行が良い思い出になりますように。

さよなラビー🦘

もっとオーストラリアについて知りたい方はこちら⇩

ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします⇩

こちらも応援お願いします⇩

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメントはここから⇩

コメントする

閉じる