オージーの朝は簡単シンプル!オーストラリアの朝食【シリアル編】

さてさて、オーストラリアの朝食第二弾!【シリアル編】に参りましょう!

【トースト編】でも、オーストラリア人のほとんどがトーストかシリアルを食べるというお話をしましたね。

詳しくは前回の記事オージーのBrekky / Brekkieはいかが?オーストラリアの朝食【トースト編】に書いたので、まだ読んでいない方は、合わせて読んでみて下さい。

では、オーストラリアで人気のシリアルはどんな商品なのか、見ていきましょう!


シリアル① Weet-bix(ウィートビックス)

Weet-bix(ウィートビックス)は、オーストラリアのシドニーで開発された高繊維で低糖の朝食用シリアルです。

見た目は粗めのおがくずを圧縮した感じ・・・。

味もね・・・・・。
シンプル(笑)

普通に食べられるんですが、本当に飽きる(笑)
フルーツやヨーグルトと一緒に食べる方が良い気がします。

しかし、オージーの彼はこれを毎日の朝食で食べています。
が、私にはマネできません(笑)

日本ではこんな感じの圧縮されたようなシリアルって見たことないですよね。
珍しいので一度朝食に試してみても良いかもしれません。


シリアル② NUTRI-GRAIN(ニュートリ・グレイン)

こちらもオーストラリアで人気の商品。
トウモロコシ、オート麦、小麦で作られていて、見た目はレンガのような形をしています。

こちらは皆さんもご存じのケロッグの商品で、もともとアメリカのブランドですが、このシリアルタイプのものは、オーストラリアとニュージーランド限定のもののようです。
アメリカなど他の国にも同じNUTRI-GRAINという商品があるらしいのですが、少し違ってそれらは『シリアルバー』らしいです。


オーストラリアのブログなどの記事を見てみると、このシリアルが1位など上位に入っていることが多かったです。

私も食べたことありますが、確かに他のシリアルよりかはおいしいかも。
その分値段も先ほどのウィートビックスよりかは高め。

オージーの彼は、育ち盛りの時に兄弟とこれを1回の朝食で1箱開けてお母さんに
「ニュートリ・グレインは1日1カップまで」
と制限かけられたんだって。


シリアル③ Carman’s(カーマンズ)

カーマンズはオーストラリアで作られたMuesli(ミューズリー)の会社。
ミューズリーとは、オートミールなどの穀物にドライフルーツやナッツを合わせたシリアル食品のこと。

つまり、
皆さんもご存じのグラノーラのようなもの。

味は、割と甘さ控えめかな?
日本のグラノーラの方が味がしっかりついている?甘い?感じがします。
でも甘さ控えめということは、健康面ではこちらの方が良いのかもしれませんね。

あと、カーマンズの商品は食べやすい『シリアルバー』のタイプもたくさん売っているので、ちょっと小腹がすいた時に良いかもしれません。


あのシリアルもオーストラリアでは有名

これまでは、オーストラリアで人気のオーストラリアブランドのシリアル食品をメインに紹介してきましたが、日本ではケロッグが有名ですよね。

ケロッグはアメリカのブランドですが、オーストラリアでもとても有名です。

ケロッグなら日本でも簡単に手に入ると思うので、オーストラリアでランキング上位+日本のスーパーでも買える商品をまとめて紹介していきたいと思います。


【『コーンフロスティ』はオーストラリアでCORN FLAKES(コーンフレークス)】

ケロッグCORN FLAKES(コーンフレークス)は日本でも超有名なシリアルですよね。
日本では『コーンフロスティ』というみたいですね。

これが一番シンプルで王道。シリアルと言えば皆さんもこれが頭に思い浮かぶのではないでしょうか?


【『チョコクリスピー』はオーストラリアでCOCO POPS(ココポップス)】

私は子供のころに食べた記憶があります。
日本では『チョコクリスピー』という名前、聞いたことありませんか?
子供の頃だったので良く覚えていませんが、日本のチョコクリスピーの方がチョコが濃厚だったような・・・・。

ちなみに、これは日本ではネットじゃないと買えないかもしれませんが、オーストラリアではこんなカラフルなものも子供に人気。⇩
見た目は『チョコワ』みたいな商品だと思います。


【『オールブラン ブランリッチ』はオーストラリアもALL-Bran(オールブラン)】

お次はこちら。
日本でもオーストラリアでもほとんど同じ名前で売られているみたいですね。

これは私は食べたことがありませんが、ランキングで結構上位に入っていました。
日本にも売っているということはきっと美味しんじゃないでしょうか?


朝食を簡単でシンプルすることの長所

たくさんのシリアルを紹介してきましたが、朝食をシンプルすることの長所はやっぱり

時短

これに限ります。

明後日少しでも寝ていたいし、朝ご飯をつくるのも面倒くさい・・・。
そんなときにシリアルがあれば簡単に栄養が取れて良いですよね。

オーストラリア人は毎日これを食べていますが、私はさすがに毎日は飽きてしまいます(笑)
皆さんもきっと同じ人が多います(笑)

なので、
毎日食べなくても、時間のない時や作るのが面倒くさい時に食べてみてはどうでしょうか?

私はそうしています。

もうね、
本当に朝食を毎日作る日本人って頑張り屋さんだわ・・ってつくづく思います。

もっと楽して良いですよ、絶対。


まとめ

いかがでしたか?
シリアルでもいろんな種類がたくさんあるし、オーストラリアには日本ではみたことが無いようなシリアルもありましたね。

オーストラリアには、まだまだたくさんのシリアル食品が売っていますよ!

皆さんも、たまにはオーストラリア人のように簡単に食べられるシリアルを朝食に取り入れてみてはどうでしょうか?

だって毎日仕事だって頑張っているんだから。
たまにはご飯を作らない簡単な日にしても良いんじゃないですか。

以前の記事はこちら⇩

あわせて読みたい
オージーのBrekky / Brekkieはいかが?オーストラリアの朝食【トースト編】 オージーは朝食の事をスラングで『Brekky / Brekkie (ブレッキー)』と言ったりします。 オーストラリアの朝食はとにかくシンプル。 トーストにジャムのみだったり、シリアルのみだったり・・・。 みなさんもオージーのようなBrekkyを試してはどうでしょうか? トーストは皆さんの中でも朝食に食べる方は多いと思うので、ぜひ新しい味にチャレンジしてみてください。

ブログランキング参加中!一日一クリックお願いします⇩

こちらも応援お願いします⇩

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメントはここから⇩

コメントする

閉じる